※02/04 最後にちょこっと追記しました


こちらの記事
をご覧くださったお客さまより
興味深いご依頼をいただきました。


170202d

それは、ご自分で作られたネックレスをリフレッシュ(←素敵な表現!)したいというもの。
クラシカルネックレスは2009年の初夏にキットとしてご紹介したものがありまして
今回のお客さまもこちらを利用して作ってくださいました。

加工が剥がれてきたビーズを交換しつつ、少し手を加えてほしいということで
うかがったご希望は

1) 全体を少し長くしてほしい
2) 商品についているアジャスターを購入したい
3) メイン級のビーズを追加して印象をアップしたい

というものでした。
1と2は問題なく可能ですが、3は初めていただいたご依頼なので
ちょっとワクワクしながら検討を開始。

170202g

「メイン級のビーズ」といって思い浮かぶのは、大きさも色も目を惹くもの。
しかしそれを今の並びに追加すると全体のバランスが変わってしまいます。
このバランスをこよなく愛するわたしとしては、そこは保ちつつ
新鮮な印象を持っていただけるように仕上げたいのです。

そこで、大きなビーズをいくつか入れ替える方法をご提案。
今までと違う色や質感のビーズに置き換えれば、印象もだいぶ変わります。
ということで編み玉3個のまとまりから一つおいた両隣にある
乳白色のアクリルビーズなどを違うものに置き換えることに。

いくつか挙げた候補の中から選ばれたのは
「ゴールド・ベージュ系で透明感アップ」というものでした。
退色したビーズの交換とあわせると、このような感じ。

この他に金具類・すべてのビーズとビーズの間に入れているブロンズ色の
小粒ビーズの交換を行います。

 170202e

乳白色のビーズの代わりには、カットがたくさん入った
大粒のチェコビーズを入れます。
表面にも少し加工がしてあり、控えめな輝きがとても綺麗なものです。

170202b



キットでは作業を簡単にするためにナイロンコートワイヤーに
通していましたが、今回は商品と同じく糸に結び目を作りながら
通していきます。

ちなみに今回の糸はデニム用の極太ミシン糸4本どりです。
ちょっとやそっとでは切れません。

170202f


そして仕上がったのがこちら。


170202a


素敵に仕上がりましたね、とのご感想をいただきひと安心。

今回のネックレスはお作りいただいてから7年以上経つ今もとても綺麗で
大切にしてくださっている様子が伝わってくるような、よいお品でした。



170202c


こういうご縁も嬉しいものですね。


※追記
ネックレスを受け取られたお客さまより、

「まるで気軽に近所のエステに行ったムスメが、顔そりもしてもらい、
メイクもパーマもばっちりのオトナになって帰ってきたみたい。
本当にお願いしてよかったです」


という、たいへん嬉しいご感想をいただきました。
アクセサリーの「ご近所エステ」って、なんだかとってもいい響き。
またのご来店お待ちしております!


お問い合わせはこちらへ